夏用にグリップ交換使用ヘルメットと追加装備の重量測定

2019/06/14

ループマフラーとパワージェットと動画

どうも\(^o^)/
さて前回定点で排気音撮りしましたが、
かねてよりやりたかったことをやります

というか車時代のマフラーでやってた事をやるだけなんですがね\(^o^)/

車時代は高音と響きを狙ってループ作ったりしてたのですが今回は音質を狙う というより
変なのを作ろう! という感じ変換作っただけでは芸がないのでw
あとループで管長を取って下の抜けすぎを補えるかなという感じでw


作りたいなーとは最初の頃から思っていて
先延ばしにしてましたが、理由として接続がΦ40で入手性に問題があったためです。

Φ32、Φ38のステンパイプは結構入手しやすいのですが。。。

なので う~んと思ってたのですが!

ビバホームが佐賀に出来たので色々見て回ってると!
メッキパイプが各サイズあるではありませんか!

IMG_7026

42.7がぴったり! ステンと違って肉厚で重いですが…見た目重視で!

IMG_7025

ベンダーやら熱曲げは出来ないので斜切りエビ管で

IMG_7031


エキパイからテールにつく角度が外向きなので修正

IMG_7033

斜切りを量産してパズルをしてこんな感じかな?って感じで

ちなみにこの前に溶接機の調子が超絶悪くて数日放置してましたw

IMG_7032

戻りのパイプをなくしてコレも面白いですねw


IMG_7037

前のに戻せるという保険が欲しいのでテールの接続パイプを別に使ってやります


IMG_7036

某工具屋さんの所の溶接機使ってますがヒート保護が全然きいてなかったらしく リレーが焼損しかけの状態で騙し騙し使ってる状態で、火力が全然足りなくて溶け込まないです(;_;) 後日リレーを交換しましたが本領ではない感じ

理想は思いっきり溶け込ませてビードを低くする(ビードを盛り盛りしない)、orガッツリ溶け込ませて盛った後でビードを削って形成 のつもりでしたが、くっつくけど溶け落ちる所まで行かないぐらい火力が足りない(´-`)そのままビード削っても穴あきまくりそうなのでそのままにしました


DSC_2812

完成

DSC_2832

接続は切り目入れてバンド的なヤツで締めるって感じで てきとーに切れ目入れたらガッツリ漏れました(;・∀・) 板当てて締めました

IMG_7040

Uボルトクランプ ってやつ


そこから耐熱塗料塗って完成


DSC_2835

DSC_2834

ループ管装着にあたってタンデムステップ周辺を取っ払いました どうせ人乗せないし( •́ฅ•̀ )

耐熱塗料がめちゃくちゃ浮いてますね(´-`).。oO

耐熱シルバーで塗ってますがこれは 排気漏れがわかりやすいというメリットがあります
見つけた後で穴埋めしてブラックで仕上げするといい感じです





キャブのパワージェットの動作チェックを兼ねて動画を撮ってきました

動画撮る前にセッティング変えずにツーリング行ったんですが、予想通り上が回りにくくなってました
プラス全開高回転からスロットルを緩く戻していくとカブった感じになったので、
とりあえずMJを132から128にしてちょっと乗っていい感じで125でちょっと足りない感じだったので128で決定 ループとショートで2番手変えると行き来が出来るという指標が出来ました

そして
動画見ると 回転引っ張ると吸い上げてますが、実際中回転域から伸びない(実用回転から外れる)のでやはり34mmは大きかったかもしれませんね…(´-`)
(流速が足りずに吸い上げきれてない)
ショートだと高回転までスムーズに回るのでまだ使えるのかな?

ふと思い出して純正キャブってBSR32・・・だったな・・と・・・


変に介入しないようにキャンセルするのも手かもしれないですねぇ

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
夏用にグリップ交換使用ヘルメットと追加装備の重量測定