エーゼット FCR-062 2章バイク乗り換え!

2020/01/20

グラストラッカーオイル交換 銘柄変更

どうも\(^o^)/
前回の記事でリッター燃費45という記録が出たという報告をしました

その記録が出る1ヶ月ほど前にオイル交換をしました

前回のオイル交換はこちら






前回でMEG-016を使い切ったのでした





次にエーゼットのオイルをーと考えると MEG-023 かなーと思ってましたが、試したい事がありそちらを優先することに

試したい事というのはMEG-016を使っていましたが、走行中油温が低いのがちょっと前から気になっていて、特に冬になって気温が下がると顕著に現れ...
真夏に長時間乗ってて信号待ちしててもそんなに上がることもなく...80度台 動き出せばすぐに70度台
空冷なので冷えやすい方がいいのでしょうが、冷えすぎはそれこそ燃費に影響がでたりします


ちょっと前にアルトワークスに乗ってたのですが、その時フロントバンパーのグリル部分を大きくくり抜いた事があって、その後から油温が下がり傾向になってました 原因は開口部からタービン、エンジンブロック付近に直接走行風が当たるため 
油温がある程度上がらないとエマルジョン発生の原因になりかねないので、純正で塞がれてたように薄い鉄板を装着し、油温の下がり傾向が抑えられました
その後燃費の向上が確認されるなど

冷却装置というと、いろんな分野で存在して、とにかく冷やす事に夢中になりがちですが、モノによっては適温が存在します

最近のCVT車だと冷間時にはロックアップが働かない等があります (この場合は水温ではなくATF温度?)


さて本題に戻って
我がグラストラッカーで油温をあげようと考えると経験から風よけを...

とも考えましたが見た目が絶対悪くなりそうなので却下w

そこで今回入れるオイルはこちら



結局温度が上がらないのならオイル粘度でも変えるか~という事です

前のは10w40(合成油) 今回はホンダ ウルトラG1 10w30(鉱物油)へ 本当はG2の10w30(半合成油)が欲しかったんですが...近くにはG1しかなかったので...実験だしまぁいいかと

後日別のホームセンターでG2を見つけました_| ̄|○ il||li


更に言えば燃費重視ならウィンター側が5とか0とか欲しかったのですが...実験的に入れるのも考えて妥協しました( •́ฅ•̀ )



batch_DSC_0310

前回交換から2,300km程走行

batch_DSC_0312

ドレンボルトにマグネットも継続中


batch_DSC_0313

拭くとわかりやすい
前回もこんな感じで鉄粉をキャッチ出来てるので、バイクにドレンマグネットはウチでは外せないかもしれません( •́ฅ•̀ )

して交換後 劇的変化が!

あるはずもなく
いつもどおりオイル交換後の気持ちよさ って感じです

ちょっと走ると前より信号待ち等で若干振動が増えたような気がしなくもないです

結局この粘度変更が燃費向上に貢献したかどうかは不明です...

オイルの種類で更に追い込むのであればMBグレードのオイルを使うという手がありますが...クラッチ滑ったら嫌だし... 多分大丈夫だと思うんですけどねぇ パワーがあるバイクでもないですし

仮にMBグレードオイルを入れてクラッチ滑ったらMAオイルに交換すれば改善されるんですかね(・・?
とか思いつつ冷静にMBグレードオイルを調べるとなかなかお値段が高いんですよね...
普段のオイルにCKM-002を少量添加...も考えますがデータが無いのでやはり過剰添加でのクラッチ滑りが怖いです 1%未満なら大丈夫かな? そもそもその程度の添加で効果があるのかも不明ですが...

しかし気になるものは気になる...(´-`)


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加
yuzuvape at 09:00│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
エーゼット FCR-062 2章バイク乗り換え!